皆さまこんにちは。さいたま市議会議員 金井やすひろニュース編集部です。
今回も前回に続きまして、金井やすひろ市政レポート第3号より、掲載記事を1点ご紹介したいと思います。


さいたま市議会 定例会において市政に対する一般質問を行いました。
さいたま市全体に係る問題や西区に係る問題など、市民の生活や、未来のさいたま市についての質問をさせて頂き、答弁を頂きました。

一般質問:ペットとの同行避難について

%e9%87%91%e4%ba%95%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%b2%e3%82%8d%e5%b8%82%e6%94%bf%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e7%ac%ac%ef%bc%93%e5%8f%b7%ef%bc%882016%e5%b9%b411%e6%9c%88%e7%99%ba%e8%a1%8c%ef%bc%891

【金井康博質問】
ペットの避難について、熊本地震の報道でもたくさん取り上げられ、ペットを連れて避難所に行ったところ、ほかの方とのトラブルを避けるために、屋内の施設に入れないなどの事態が発生したと認識している。
同行避難は必要であると考えるが、避難所に入れないということのないように、例えば公民館区単位であるとか、各区に1カ所ずつでもペットと家族が一緒に避難できる避難所が必要ではないかと考えるが。

【保健福祉局長答弁】
被災動物を放置することで、その後の保護・給餌活動が困難となったり、飼い主が世話のために自宅に戻り二次災害に遭う危険もあり、これらを防止するためにペットを同行して、まずは避難することが重要と認識している。
ペットは家族の大切な一員であるということを考えると、熊本市の事例をはじめとした先例を参考に、飼い主が安心してペットと避難できるよう各区にそれぞれの状況において、ペットと同居できる場所の設置について課題を整理し、地域防災計画改定に向け専門家の御意見を伺いながら検討していく。

(質問詳細は会報誌3面をご覧ください) 


以上、最新の市政レポートより、記事をご紹介いたしました。

さいたま市議会では、私たちの生活に密接に関係する事柄が議論されています。
私たちも、さらに素晴らしいさいたま市にするために、さいたま市の行政や議会、議員の方々の活動に関心を寄せて参りましょう。

さいたま市議会議員 金井やすひろニュース.com